1月14日 第 11回 熊本地方裁判 所 裁判報告

当会のHPにご訪 問頂き、また、ご覧頂き誠にありがとうございます。

 

お詫び

裁判報告が遅れ、 お待たせ致しましたことを深くお詫び申し上げます。

 

裁判報告

 

・1月14日 10時30分開始 5分程度で終了致しました。

 

・出廷

被告弁護士 2人

原告弁護士 2人 原告1名

 

・傍聴席様子

傍聴できず不明です。

 

・裁判の内容等

原告 ・最終準備書面陳述

被告 ・最終準備書面陳述

 

次回判決となります。

2月25日 13:10~ 判決言渡し

 

いよいよ判決になりました。

心静かに判決を待ちたいと考えております。

 

以上御報告申し上げます。

11月12日 第 10回  熊本地方裁判所 裁判報告

当 会のHPにご訪問頂き、また、ご覧頂き誠にありがとうございます。

 

お 詫び

PTAと学校問題を考える会の発足当時から(個人希望か会の希望か不明)の希望で執拗にPTAと 学校問題を考える会の裁判記事を掲載後でなければ本会の裁判記事は掲載してはならないと要求されておりますので、表題の裁判報告が遅れ、 お待たせ致しましたことを深くお詫び申し上げます。

 

裁判報告

 

・11月12日 10時30分開始 60分程度で終了致しました。

 

・出廷

被告弁護士 2人

原告弁護士 2人 原告1名

 

・傍聴席様子

当会会員 1名

傍聴者 報道約5社 7名程度

 

・裁判の内容等

被告 ・10月16日付 準備書面 乙11号証 陳述

乙9号証~10号証 提出 原本確認

 

原告本人尋問

原告弁護士からの尋問

原告弁護士⇒甲号証を示しながら事実関係の確認が行われた

最後に原告弁護士から「PTAをどう思っていたか?」の尋問に対する 答え

原告⇒「仕事が忙しく無関心であった。」

 

被告弁護士からの尋問

被告弁護士⇒「総会出席について、総会がなぜあると知ったか?」

原告⇒「教頭先生と面会して知った。」

被告弁護士⇒原告へ集金袋を示し読み上げを要求

原告⇒「PTA会費納入袋」読み上げ。

被告弁護士⇒「PTA活動に参加した記録の署名や活動記録に 名前を書いたのは原告本人であるか?」

原告⇒「私です。」

原告⇒「PTAに入会した認識はなかった、知っていれ ば・・・知らなかったのに支払わされた・・」

「苦痛であった。」

被告弁護士⇒「入退会の自由というものを知っていただけで会員であった ということでは?」

「自由なのになぜコサージュ代払ったのか?」

原告⇒「卒業の時コサージュが自分の子供だけがもらえないのはかわいそ うだと思った。」

「コサージュ代はカンパであり、会費としては払っていない。」

 

裁判官からの尋問

裁判官⇒「コサージュはPTA会費から賄われているのではないです か?」

原告⇒「子供がもらえないのがかわいそうだと思った。」

裁判官⇒「PTAの会員である者が恩恵を受けるものであ り、恩恵を受けられないのは仕方ないのでは?」

「それを選択して脱退されたのでは?」

 

緊急の原告弁護士より原告へ尋問

原告弁護士⇒「PTAは会員のみにサービスを提供する会では ないと書いてあるが、原告の認識は?」

原告⇒「同じ認識です。」

 

読者の皆様へのお詫び、尋問内容につい ては、抜粋、集約等行っております。

 

再度弁論続行することになりました。

今回の尋問のテープ起こしが終了した後最終準備書面を行う。

 

次回期日1月14日(木)10:30~

 

個人的な感想ではありますが、一言コメ ントを入れさせて頂きたく存じます。

裁判官の尋問の内容に即座に原告弁護士は反応し原告尋問として裁判官に 訴えたのですが、傍聴した私も同様に一瞬にして不安がよぎりました。

裁判官の認識はひょっとしてPTAという団体の特性を理解していなく一般 的な任意団体と同じ特性を備えた団体であるという認識ではないのか??

PTAは、その学校に通う児童に対し、会員の 児童、非会員の児童の区別なくサービスを提供する団体であり、特殊な機能を備えている団体であることを理解されていないのではないのか? 次回準備の準備書面にて十分に説明する必要性があると強く感じました。

 

いよいよ最終局面になりました。

心静かに判決を待ちたいと考えております。

 

以上御報告申し上げます。

10 月1日 第  9回 熊本地方裁判所 裁判報告

当 会のHPにご訪 問頂き、また、ご覧頂き誠にありがとうございます。

 

お 詫び

PTAと学校問題を考える会の発足当時から(個人希望か会の希望か不明)の希望で執拗にPTAと 学校問題を考え る会の裁判記事を掲載後でなければ本会の裁判記事は掲載してはならないと要求されておりましたので、表題の裁判報告が遅れ、お待たせ 致しましたことを深くお詫び申し上げます。

 

http://blog.goo.ne.jp/ihoupta/e/3ca8c255b6e727b853a39a3983edb13c ブログに記載されています 内容及び「【PTA強制加入をストップする会】のホー ムページで書かれている”原告を支援する”との話は 当方からお断りしました。」とPTAと学校問題を考える会様のホームページに掲載されておりますが、当会はこの様なお断り等当会は承知してお りませんことを御報告致します。

 

 

裁判報告

 

・10月1日 13時20分開始 20分程度で終了致しました。

 

・出廷

被告弁護士 2人

原告弁護士 2人 原告1名

 

・傍聴席様子

当会会員 1名

傍聴者 次の裁判当事者が等多数傍 聴席に着席のために当該裁判傍聴者の人数判断不可

 

・裁判の内容等

被告 ・9月30日付 準備書面(5) 陳述

乙9号証~10号証 提出 原本確認

 

被告及び裁判所質問

3月の総会で原告は発言したか?

原告 ある

裁判所 出席等の証拠提出を被告へ求める

10月16日頃までに提出

 

原告 被告の証拠書類の提出を待ち 反論があれば行う

 

裁判官より

被告は本人尋問の必要性を否定しているが、裁判所としては本 人の意思確認は必要であると考えている

よって次回本人尋問を実施する

主尋問 30分 反対尋問 30分 の時間で行う

 

・次回期日

11月12日(木) 10時30分~11時30分

 

本人尋問が終了致しましたら弁論終結となります。

和解等の方向性がなければ弁論終結までの主張立証を裁判所が判断し 判決となる予定です。

 

8 月20日 第8回 熊本地方裁判所 裁判報告

当 会のHPにご訪問頂き、また、ご覧頂き誠にありがとうございます。

 

表 題の裁判報告が遅れ、お待たせ致しましたことを深くお詫び申し上げます。

 

裁判報告

・8月20日 10時20分開始 20分程度で終了致しました。

 

・出廷

被告弁護士 2人

原告弁護士 2人 原告1名

 

・傍聴席様子

小生 1名

傍聴者 合計 1名

 

・裁判の内容等

原告 ・7月22日付 準備書面 陳述

甲12号証~22号証 提出(多数人の意見書等) 原本確認

・証人尋問要求 原告本人

 

被告 ・裁判官より争点の確認が行われたが、裁判の争点のずれがある との主張

原告の要求している法律構成(違法行為)を再度検討し、被告 が認識している法律構成に相違点等あれば次回までに準備書面提出する

・原告より証人尋問申請が提出されているが、当該裁判において 必要性が無いのではないかとの主張

原告弁護士 原告は入会した又はしているという認識はない

被告は、会則の配布、会費の支払いが申し込みの 承諾であると主張しているが、任意団体であるのだから、何らかの入会手続きが必要であるし、会則の配布をもって入会扱いし、会費を不当に 請求され原告は入会の意思のないままあたかも入会しているようにみせかけ会費を原告にせいきゅうした。原告は誤信により会費を支払った。

加入しているかどうかが争点である。

これらを証明するには原告の意思がどう であったかということは

重要な証拠であることから本人尋問は必 要不可欠である。

被告弁護士 必要性を再検討する

 

・次回期日

10月1日(木) 13時20分~

以上御報告申し上げます。

裁 判 報 告 通算7回目

当会のHPにご訪問頂き、また、ご覧頂き誠にありがとうございます。

 

裁 判 報 告 通算7回目

 

・7月2日 11時 開始 5分程度で終了 致し ました。

・ 開廷後の様子

被 告  出席者 弁護士2名

原 告  出席者 弁護士2名  原告1名

・ 傍聴席様子

傍 聴 者 合計 3名

・ 裁判の内容等

原 告  次回までに証人申請を行う

被 告  平成27年6月26日付準備書面(4)陳述

・原 告 の主張の要点

今 までの重点論と変わりはない。

・被告準備書面記載の一部反論要約

小 冊子8項

小 学校あるいは転入したときのその保護者並びに小学校に新規採用されて赴任された先生あるいは他校から店員してこられた先生は、にそのとき から、「PTAの 会員になる資格が生じます。」

 

・・・・・ 「PTA会 則」の配布をもって、入会の了承をしていた だくことにしております。

この会則の記載内容につき、個人的な解釈ではありますが、少し記載させて頂きたく存じます。
記載内容からして、あくまで会員になる資格が生じるのみであること。

 

そ して、了承をしていただくことにしているのであって、会員とみなしているのではない。

したがって、会員になる 資格が生じた、会則の配布がなされ承諾をお願いされたが、原告は何 ら意思表示をしていないことから被告の主張する入会契約が成立したとする主張には疑念が生じます。

 

・ 今後の流れの予測

結 審するタイミングとしては、証人尋問が行われるならば証人尋問の後になるかと予想します。

本年中には判決が出るのではないかと予想致します。

 

・ 次回期日

8月20日(木) 10時20分~

以 上御報告申し上げます。

5月28日 熊本地方裁判所 裁判報告

当 会 のHPにご訪問頂き、また、ご覧頂き誠にありがとうございます。

 

裁 判 報告

528日 11時 開始 10分程度で終 了致 しました。

 

・ 開 廷後の様子

被 告  出席者 弁護士2名 

原 告  出席者 弁護士2名 原告1名

 

・ 傍 聴席様子 

傍 聴 者 合計 3

 

・ 裁 判の内容等

原 告  512日付  準備書面 を陳述しました。

被 告  提出無し

 

原 告 の主張の要点

PTA活動に参加している事実があり、参加することは会員である証拠となると 被告 が主張しているが、原告は、原告の参加した活動について申込書等にPTAが 主体的 に行っている活動である旨などの記載が全くなくPTAの関わる活動で あることを認 識していなかった。

こ の 様な活動をもって黙示の承諾とはなりえない。


被告の主張の要点

原 告 の主張大筋認める。

裁 判 官からの原告及び被告に対し双方の主張はほぼ出尽くしたか?との問いに対し、被告側は、一部反論あるため次回までに準備書面を提出すると のこと。

その他大筋認める。

 

今 後 の流れの予測

被 告 側の主張のほぼ出尽くしていることから数回の裁判期日を経た後結審すると予想します。

結 審 するタイミングとしては、本人尋問が行われるならば本人尋問の後になるかと予想します。

 

・ 次 回期日

72日(木) 11時~

 

以上 御報告申し上げます。

4月16日 熊本地方裁判所 裁判報告

当 会のHPにご訪問頂き、また、ご覧頂き誠にありがとうございます。

 

裁 判報告

416日 1045分開始 10分程度で終了致しました。

 

・ 開廷後の様子

被 告 出席者 弁護士2名 

原 告 出席者 弁護士2名 原告1名

 

・ 傍聴席様子 

関 係者と思われる方 2

傍 聴者 合計 3

 

・ 裁判の内容等

原 告 323日付 準 備書面2を陳述しました。

被 告 414日付 被 告準備書面(3)を陳述しました。

 

被 告主張の要点

被 告が小冊子を配布した行為は、配布をもって申込みである。

そ の後原告は異議を述べず会費の納入及び原告がPTA会員として活動しているか ら原告は、黙示的に入会の意思表示をおこなっているから、加入契約が成立している。

よっ て原告は被告の会員であった。

 

・ 次回期日

528日(木)  11時~

 

よ うやくスタートラインに立ったという感じが致します。

こ れからがお互いの主張をぶつけ合い裁判所の判断を仰ぐことになります。

3月3日 熊本地方裁判所 裁判報告

当 会のHPにご訪問頂き、また、ご覧頂き誠にありがとうございます。

 

表 題の裁判報告が遅れ、お待たせ致しましたことを深くお詫び申し上げます。

遅 れました理由につきまして、皆様に若干のご説明をさせて頂きたく存じます。

2014年11月29日 頃に原告本人から「PTAと学校問題を考える会」と原告の総意で、「PTAと学校問題を考える会」が裁判情報を掲載を行った後でなければ当会の記 事掲載は許さない旨の申入れを受け、当会としましては、その申入れを順守しており、「PTAと学校問題を考える会」が裁判情報の掲載が行われるのを待っておりまし た。

そのために、掲載に時間がかかってし まった次第です。

このような経緯が御座いまして掲載が遅れましたことを重ねてお詫び申 し上げます。

 

裁判報告

・3月3日 10時30分開始 10分程度で終了致しました。

 

・相手方弁護士 は4人となっていました。

 

・開廷後の様子としましては、

被告 出席者 弁護士1名 その他関係人1名

原告 出席者 弁護士2名 原告1名

 

・傍聴席様子としましては、報道 2社が中心でした。

地元メディア 2名、全国紙 1名、

その他不明 1名

傍聴者 合計 5名

 

・裁判の内容等

被告が前回の裁判において陳述を留保していた準備書面について、一部 の内容を除き陳述を行いました。

原告が12月に提出していた準備書面は陳述せず保 留とし、書き直しを行う。

次回までに被告が何をもって原告が入会 したと主張するのかなどの理由の準備書面を被告が提出する。

 

・次回期日

4月16日(木) 10時30分~

以上御報告申し上げます。

どうぞ宜しくお願い致します。

地方裁判所第1回目裁判

地方裁判所第1回目裁判

平成27年1月27日 午前10時40分~熊本地方裁判所で行われました。

次回期日 3月3日 午前10時30分~

被告側次回までに準備書面提出予定

傍聴人は5名程度

熊本市PTA裁判地方裁判所第1回目期日決定。

熊本市PTA裁判地方裁判所第1回目期日決定。

平成27年1月15日(木)午前10時熊 本地方裁判所にて行われます。

当サイトでも随時経過情報を配信してまいります。

このページの先頭へ