熊本市PTA裁判について(裁判の概要) 

熊本市PTA裁判について。下記の 記事に報道されたものが今回の裁判の概要です。

私達「PTA強制加入をストップす る会」ではこの裁判で原告を支援し、PTAの強制加入をなくし憲法で守られている 保護者の人権を守りたいと考えています。

「PTA強制加入は「不当」 父親が会費返還求め提訴

朝日新聞デジタル 7月3日(木)7時35分配信

子どもが通う小学校のPTAが任意団体であるにもかかわらず、強制加入させられたのは不当として、熊本市内の男性(57)がPTAを相手取り、会費など計約20万円の損害賠償を求める訴訟を熊本簡裁に起こした。男性が2日に会見して明らかにした。

訴状によると、2009年に2人の子どもが同市内の公立小学校に転校した際、PTAに同意書や契約書なしに強制加入させられ、会費を約1年半徴収されたと主張。これまでもPTA側と話し合ってきたが、平行線だったという。

「PTA は原則、入退会が自由な団体なのにもかかわらず、なんの説明も受けなかった」と指摘。12年に退会届を出したが、「会則の配布をもって入会の了承としている」などとして受理されなかったといい、「憲法21条の『結社の自由』の精神に反している。会則には入退会の自由を明記するべきだ」と訴 えている。

PTAの「自由な入退会」をめぐっては、NPO法人が4年前、横浜市で開いたシンポジウム をきっかけに議論が広がった。札幌市や岡山市などの一部の小学校では、すでに周知が始まっている。」

このページの先頭へ